ネットサイトナビ(nsnavi.info)

無料でサイト登録ができるYomi-searchとWordPressを使ったディレクトリー型検索エンジンです。アクセスアップ・サイト集客にご利用下さい。

Yomi-Search(ヨミサーチ)とWordPressブログを繋ぐ

Yomi-Search(ヨミサーチ)登録データをRSS経由でWordPressブログで使う

WordPressでyomiサーチみたいなユーザー登録型のリンク集を作りたい!

豊富なプラグインがあるWordPressですから、Yomi サーチのようなユーザー登録型のリンクページを作成できる WordPress のプラグインは無いものかと探した所、”WordPress Link Directory”というプラグインが見つかったのですが英語バージョンですので却下、以前「集客助さん販促格さん瓦版」さんから日本語化ファイルの提供があったようですが現在は閉鎖されているようです。他も探したのですが、見当たらないので、Yomi-Searchを使ってWordPressと繋ぐ事にしました。

Yomi-Search(ヨミサーチ)側

今回は、通常のPerl版のYomi-SearchではなくPHP+MySQL版のyomi-searchを使う事にしました。理由は単純でWordPressもPHP+MySQLですから合わせた方がイロイロ管理も楽だからです。

・プログラム言語は一個でいいです。後はMySQLのDBの方がデータが壊れにくい。

WordPressブログ側

WordPress側は、何も考えずVer 3.x.x を使ってます。
課題はどの様にyomiサーチ側のデータをWordPress側に反映させるかです。
プログラムを書けばMySQLのDB間でも可能なのですが、今回は WordPress のプラグインで RSS Feed をブログ記事として自動投稿してくれる、”FeedWordPress” というプラグインを使いました。

FeedWordPressプラグインについて

FeedWordPressプラグインは、RSS Feedをブログ記事として自動投稿してくれます。使い方によってはミラーサイト(ミラーページ)が出来てしまいますので使い方には注意が必要です。

このサイトでの使用方法

yomiサーチ側にサイト登録された内容を新着サイトRSS FEEDとして作成し、そのURLを”FeedWordPress”のプラグインの設定画面に指定します。サイト登録内容に修正があった場合は更新サイトRSS FEEDとして作成し同じくプラグイン画面で設定しています。

このプラグインは、WordPressのカテゴリーやタグの指定が出来るのですが、カテゴリーとタグを両方設定する事が出来ないようなので、このサイトではカテゴリーは「登録サイト紹介」の一つにしてあります。
タグに関しては、Yomiサーチ側に登録いただいたキーワードをRSS FEEDを作成する際にkeyWordで指定します。XMLは複数のキーワードがある場合は、”,”区切りではうまく動かないのでkeyWord①改行keyWord②と複数書いてます。

記事の投稿と投稿更新について

FeedWordPressプラグインは、同じタイトルならアップデートして、そのタイトルの記事がなければ新規で投稿しているようです。

今回はYomi-Search側のデータをWordPress側で使いますから、新規にサイト登録された場合は問題なくWordPress側にPOSTされますが、サイトを修正される際にサイト名を変更するとWordPress側は前の記事はそのままで新たに記事がPOSTされます。サイト名を変えずにサイト説明文の変更であれば新規に投稿された記事を更新します。Yomi-Search側でサイトを削除した場合は、残念ですが記事は削除されません。

      2015/11/18