ネットサイトナビ(nsnavi.info)

無料でサイト登録ができるYomi-searchとWordPressを使ったディレクトリー型検索エンジンです。アクセスアップ・サイト集客にご利用下さい。

【仕様変更】ヨミサーチ側からのリンクを外します

Yomiサーチ側からのリンクを無効化します

今までは、登録いただいたサイトに yomi-search側から直リンクをしていましたが、全て「rel=”nofollow”」を付加し大手検索エンジンのページランク等の集計対象に含まれないようにします。

ブログ記事ページからのリンクのみ有効

2012年4月25日に google のペンギンアップデートで検索順位に影響があった方も多いと思います。管理人も幾つかのサイトで影響がありました。全ての影響要素は判りませんが低品質のリンク集からの過度なリンク構築も一因のようですので、今回 Yomi-Search側からの発リンクは、「rel=”nofollow”」を付加しました。よって登録サイト紹介のブログ記事1ページからの発リンクとなります。リンク評価があがるサイト登録文章をご自身で登録下さい。

変更前のリンク個所とリンク数

Yomi-Search系のリンク集サイトは運営者により登録サイトへのリンク数は異なりますが、当サイト(nsnavi.info)は、以下のページからリンクを貼る仕様で運用していました。

  • カテゴリーリスト(登録サイト一覧)
    • 新着サイト
    • 更新サイト
    • 設定カテゴリー(3個)
    • おすすめサイト
    • 相互リンクサイト
    • マイリンクサイト

    ※上記のサイトリストで1サイトmax4か所リンク
     → 1.登録サイト名  2.スクリーンショット画像  3.登録URL  4.バナー画像(登録者が対象)

  • サイト登録確認画面
  • サイト更新・削除画面

自己保有の登録サイトで google webmastertool の被リンク数を確認

  • 新着サイトのRSSページ
  • 登録カテゴリー3ページ(3カテゴリーに登録)
  • サイト更新・削除画面

上記の5ページがYomi-Search側では認識されていました。(全てリンクはされない)
※Wordpressブログの記事ページはリンクされています。

新着サイトのRSSページや登録カテゴリー3ページは該当カテゴリーにサイト登録がされると掲載ページ内容が変わって行きます。この5ページで今後も変わらないのは、サイト更新・削除画面の1ページですが、サイト説明文も殆ど表示されていないですからリンクページとしての効果はあまりありません。

基本的に何もカスタマイズしていない Yomi-Search系は、サイト更新・削除画面1ページの被リンクしか継続的に有効ではないので、大量にYomi-Search系に登録してもあまり効果は得られません。逆に相互リンク必須の所に登録すると損する事になる事もあります。今後、更に検索エンジンは被リンクの評価基準を高めてくるでしょうから、評価が低いページからのリンクはしない方が良いと判断しました。

従って、Wordpressブログの記事ページ(1ページ)からのリンクとします。

独自コンテンツが更に重要に

リンクの効果があがるように、サイト説明入力文を現状の100~500文字を100~1000文字に変更します。
・・・けど現実は長文を入れる人は殆どいません。皆さん120文字前後です、これでは効果はないのですが… かと云って文字数を増やす為に登録サイトの内容をコピペしても意味はありません。

yomi-searchのカテゴリーページは頑張ってもgoogleやyahooの検索でよくヒットする事は難しいですが、このサイト登録内容のブログ記事はキーワードによりますが、googleやyahooの検索でよくヒットします。さすが WordPressブログ効果って感じです。ですから長文を書けばヒットする可能性はより高くなります。
このサイトのブログ記事には、シックス・アパート株式会社の zenback(ゼンバック)というブログパーツを使っています。このブログパーツ経由でZenBackキーワードとして登録されれば、『ログリーのサービス「newziaトピックス」を利用して、ブログ記事の内容を解析し、 キーワードごとのページを自動生成しています。』ワンクッションリンクの効果アクセス流入が見込めます。ですからオリジナル長文は効果的ですので面倒でも書くことをオススメします。サテライトブログの様に何ページも書く必要はありません。たった1ページ分です。

例えば「エアロパーツ」というキーワードで載っているページは、こちらです。 2012年6月2日現在で7番目に表示されています。”itmedia.co.jp”のドメインからのリンク効果は大きいと思います。(こちらも新しい記事が生まれれば後ろに移動しますが…)

サイト運営者さんのお役に立てれば嬉しいのですが…

      2015/11/23